重家酒造株式会社
 
酒造案内 焼酎が出来るまで 商品案内 新着情報 お問い合せ
 
重家酒造の歴史
風土を愛し、自然を愛し島をほこりに思う焼酎造り!!

 九州の北部の玄界灘に浮かぶ小さな島(壱岐) 三万二千人が住む壱岐の島の南東(印通寺浦)に壱岐の島の小さな蔵 重家酒造があります。重家(おもや)の名前の由来はその昔、酒造元を「重家」と呼んでいたものをそのまま屋号にしたものです。

 初代横山確蔵が大正13年(1924年)に創業し、二代目横山梅子、三代目横山省三(現代表社員)そして四代目雄三、太三に受け継がれています。初代確蔵からのいい伝えでもある「現代に左右されず、初心に返り原点にもどるべし」を受け継ぎ現在もなお、木製こしきで米・麦を蒸し、かめで仕込んだ手造り焼酎を続けています。製法だけでなく蔵人全員初心の気持ちで、風土を愛し、自然を愛し、壱岐の島を誇りに思い、焼酎造りを続けて参ります。


取締役会長 横山省三 昭和13年生まれ(東京農大卒)
代表取締役社長(杜人) 横山雄三 昭和42年生まれ(立教大卒)
取締役専務(商品開発販売責任者) 横山太三 昭和48年生まれ(法政大卒)
経理・事務 横山晃代 昭和42年生まれ
広告・ネット管理 横山明子 昭和45年生まれ
蔵子 野見山勝也 昭和58年生まれ
先代:確蔵 二代目:梅子 三代目:省三 長男:雄三 次男:太三
先代:確蔵 二代目:梅子 三代目:省三 長男:雄三 次男:太三
重家酒造外観
重家酒造外観

木のこしき一度に150kg蒸すことが出来る木で出来た甑
 
重家の願い
歴史と浪漫の島

 麦焼酎発祥の地「壱岐の島」初代確蔵、二代目梅子、三代目省三、そして今、四代目雄三、太三に壱岐の手造り焼酎が受け継がれています。壱岐の島は麦焼酎発祥の地と知られ、壱岐焼酎は壱岐の文化の一つであります。その文化の一つである壱岐焼酎を日本はもちろん世界にも発信し、壱岐の風土、自然、そして島民の人がらをもっと多くの方に知っていただき島民の子供たちに、もっと、壱岐の島を誇りに思ってほしい。そう願って体を駆使してやれば必ず気持ちは通じると信じて。。。
筒城浜
重家の焼酎の名前にもなっている美しい「筒城浜」

| 酒造案内 | 焼酎が出来るまで | 商品案内 | 新着情報 | お問い合せ | 焼酎が飲める店 |
〒811-5214 長崎県壱岐市石田町印通寺浦200番地 TEL:0920-44-5002  FAX:0920-44-8401 Copyright Omoyasyuzou 2004. All Rights reserved.